FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
614位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
169位
アクセスランキングを見る>>


皮膚がんになる 4つ目のがん宣告


皮膚生検をして1週間後抜糸。
その時にはまだ生検の結果は
出ていなかったので次週予定
の血液内科の外来日に合わせ
て生検結果を聞く為に皮膚科
の外来予約を入れていた。

結果は「皮膚がん」
種類は「基底細胞がん」
と告知される。
但し皮膚生検でがん自体が
取り切れている可能性がある。
このがんは転移する可能性が
少ないものである。
との説明を受ける。

今後の治療の方向性(追加切除
が必要か否か)を次回の外来で
決めることにした。

この8年で4回目のがん告知。
今回は2人先生から皮膚生検
が必要と言われたので何もない
ということは考えにくかったので
やはりという感じである。

慣れたくはないが慣れたので
告知も淡々と受けられた。

一方でがんが取り切れている
かもしれないと言われても見え
ている部分が取れただけでまだ
隠れている可能性はある。
転移がほとんどないと言われ
てもゼロということではない。
ので決して安心してはいない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1509-05e70e96

 | ホーム |