FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジ。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に経過検察の為通院を継続。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。ESDにより除去。
2019年6月皮膚がんと告知される。皮膚生検により除去。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っている。


最新記事


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
339位
アクセスランキングを見る>>


食道がん 上部内視鏡検査結果(2019年7月) フロント形成は明らかでない


6月末に受けた上部内視鏡
検査結果を聞くための外来。
生検をしているので多少心配
ではある。

●検査報告 
・観察範囲
内視鏡での観察範囲は
咽喉頭、食道、胃、
十二指腸(下行脚まで)

・観察結果
咽喉頭、食道,、胃、十二指腸
に関しては異常所見なし。
食道は全体に放射線食道炎
の疑い、中部に表在食道がん
の疑い

・ヨード不染帯が見られる部分
の生検結果報告
軽度の小円形細胞浸潤と細胞
内水腫が見られます。
核の腫大を認めるが、フロント
形成は明らかではない。


観察上がんに見えるががんの
確定診断は生検上はできなか
ったということなので今後も経過
観察することになる。
その場で半年後の内視鏡検査を
予約。
この2年半の間、見た目上はがん
に見えるので毎回生検している。
昨年の生検で初めて悪性判断が
出たがそれ以外は病理検査では
黒とは言い切れないグレーの状態。
昨年の食道がんのESDでの切除後
にも今回と同じように見える箇所が
まだ数個あると言われているので
ある程度想定内の結果ではある。
むしろ食道以外の胃や十二指腸
には異常所見がない事に安心する。

なおフロント形成とは
腫瘍で見られる、正常上皮と腫瘍
性上皮との間の衝突、非癌上皮と
明瞭な境界を形成すること。
フロント形成が腫瘍・非腫瘍を判別
する最も重要な所見と言われている
もの。


今回の外来の待ち時間はラッキー。
消化器内科は午後1時予約であった
が午前中に皮膚科の外来だったため
終了後病院を出て昼を食べて病院に
戻ると12時15分くらい。
13時まで食後の休憩と思っていた
ら既に午後の診察が始まっていて
すぐに呼ばれる。
診察室に入って先生に聞くと午前
に何も無い場合は12時すぎから
外来を始める場合があるとのこと。
患者を少しでも待たせない為と思う
が患者側からは感謝です。
結果予約時間の30分以上前に診察、
会計が終了するというのを初めての
経験する。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1519-5e7baedb

 | ホーム |