FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジ。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に経過検察の為通院を継続。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。ESDにより除去。
2019年6月皮膚がんと告知される。皮膚生検により除去。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っている。


最新記事


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
543位
アクセスランキングを見る>>


口内脱毛奮闘記 古典的な対処が効果的と知るまでの道のり


経緯から記す。
5年前の口腔がん(歯肉がん)手術
により複数の歯と歯肉と顎の骨を
切除し、その際骨の代わりに鉄を
入れ顔の皮膚を伸ばして形成して
いる。
術後少ししてから口の中に巻き込ん
だ部分から毛つまりヒゲが生えだし
たのである。
最初は口腔外科の外来時に先生に、
その後は妻に定期的に切ってもらって
いるが結構面倒かつ頻繁なので永久
脱毛したいという事から始まった
口内脱毛への道。

ネットで調べても殆ど病例や治療例
は見当たらない。
まず通院している口腔外科の先生に
相談するとレーザー抜毛を行っている
総合病院の形成外科を探してくれて
紹介状を書いてもらい通院した。

そこでは黒い毛はレーザー抜毛適用
だが白い毛はレーザーでは抜毛でき
ないと言われる。
理由はメラニン色素にのみレーザー
が反応するため黒い毛でないと効果
がないためと聞かされる。
現在は白と黒の両方生えているので
一度試してみることにしたがその病院
での提案は針(ニードル)抜毛でない
とだめだろうと言われる。
合わせて最近は針脱毛を行っている
病院自体は少なくなっているとも聞く。
それを聞いてからいつも通っている
皮膚科クリニックの先生にニードル
脱毛を行っている所を探してもらう。

その紹介で今回都内のクリニックへ
電話予約をして行ったのである。
とりあえず現状を話して見てもらい
針脱毛が可能かとか必要回数とか
値段とかを聞くことが目的で行った。

そのクリニックは美容皮膚科治療・
美容外科手術等とあるがまさに
女の園と言う感じで当然患者さん
は女性のみ。
圧倒的なアウェイ感の中で少し待
たされてから呼ばれる。

既往症や病歴を話すと逆に先生か
ら大変でしたねと労われる。
ちなみに先生は男性でした。
その後現状を視診してもらった。
先生からは針抜毛では難しいので
抜いたほうが確実かつ安価で済む
と言われる。
医療用の道具(毛抜)を使えばほぼ
無痛で毛が伸びたタイミングで数回
やればその内に毛根がやられて新し
く毛が生えなくなるとのこと。
試しに今から一回やってそれが問題
ないと感じればこの医療器具を取り
寄せるので着いたら連絡するので
次回来院時に渡すという段取りに。
その後処置室で実際に先生に抜いて
もらうと痛み全くは無くてこれは良い
と実感する。

新しい技術から初めて最終的に辿り
着いたのが手抜きという超古典的な
手法に落ち着いたのである。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/1555-422b6f3f

 | ホーム |