プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


後見人と家族信託 大きな違いがある


2年ほど前に実際に使おう
かと思い少し調べた。
その中で後見制度ではなく、
家族信託というものを知った
ので記録しておく。

親が認知症等になったら
成年後見人になれば親所有
の土地の売買は出来ると
思っていたが実際はそう簡単
ではないのである。

親が現在、健在で認知症も
なく土地等の固定資産を
持っている人は知っておく
意味はあると思います。

一言で言えば
成年後見人はあくまで
「財産を守る事」が役目で
原則資産の運用や組み
かえは出来ない。
例えば親が元気な時に
不動産を売ろうと思っていた
最中に認知症とかになって
しまうと成年後見人になった
としても簡単に売ることが
出来ないという事になりうる。

成年後見制度とは
認知症,知的障害,精神障害
等の理由で判断能力の不十分
な方々は、不動産や預貯金
などの財産を管理したり、身
のまわりの世話のために介護
などのサービスや施設への
入所に関する契約を結んだり、
遺産分割の協議をしたりする
必要があっても、自分でこれら
のことをするのが難しい場合
があります。
また自分に不利益な契約で
あってもよく判断ができずに
契約を結んでしまい、悪徳
商法の被害にあうおそれも
あります。
このような判断能力の不十分
な方々を保護し、支援するの
が成年後見制度。

一方
「家族信託」は
『財産管理の一手法』。
資産を持つ方が特定の目的
(例えば「自分の老後の生活・
介護等に必要な資金の管理
及び給付」等)に従って、
その保有する不動産・預貯金
等の資産を信頼できる家族に
託し、その管理・処分を任せる
仕組み。
いわば
「家族の家族による家族の
ための信託(財産管理)」。

違いは何か 
①権限
・後見人:
財産管理、法律行為の代理、
身上監護、法定後見の場合
は本人がした法律行為の
同意・取消
・家族信託:
信託財産の管理・処分
(身上監護権はない)

②財産の積極的処分や運用
の可否
・後見人:
原則として、財産を維持しな
がら本人のためにのみ支出
することが求められる
(扶養義務に基づく親族への
支出は可)。
積極的な運用や合理的理由
のない(本人にメリットの無い)
換価処分、本人財産の減少と
なる行為(生前贈与)等は不可。
・家族信託:
受託者の責任と判断において、
受益者のために信託目的の
範囲内で自由な処分・運用
が可能

③不動産の処分(売却・建替え)
の可否
・後見人:
法定後見の場合、居住用
財産の処分は家庭裁判所の
許可が必要なので、処分の
ための合理的理由が求め
られる。
任意後見の場合、家裁の
許可は不要だが、合理的
理由のない処分は事後的に
問題となりうる。
・家族信託:
登記簿上の甲区(所有者欄)
に記載される受託者が、
便宜上の所有者として自由
に処分できる。

但し、資産額にもよるが
家族信託の費用には
100万単位のお金がいる
と聞いたのでそこがネック。
また一般的にはこの制度
自体があまり知られて
いないこともある。

特に固定資産が多い場合、
親が契約できれば良いが、
認知症になったりすると自宅
を売って看護や治療費にすれ
ば良いとかの計画をしている
場合には家族信託が有効
である。

でもそのために現金が必要
と言うところが制度利用が
増えない理由と思う。

相続税と比較して生前にどう
するかを考える必要がある。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/339-1cde2ad2

 | ホーム |