プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>


自分の中のいくつかの"不"を取り除こうと努力はしている のだが・・・


自分の中にある
幾つかの”不”とは

「不平」、「不満」、「不安」、
「不運」、「不幸」、「不治」
など

これらを思う事をなるべく
自分からなくそうという努
力はしている。
でも努力ではどうにもなら
ないものもあるのは事実。

・不平、不満
自分だけ健康じゃないとか、
自分だけ病気をしたとか、
自分と他人を比較して
「不公平」だと感じてしまう。
または満足感を感じない。

病気後自分の希望どおりに
物事が行かない、
思い通りに体が動かない、
周りの人は病人の気持ちを
全然わかってくれない等。

過去の自分と今の自分は違う。
過去には戻れない。
後ろでなく前を向いて行こうと
考えるようにすべき。

・不安
病気になって、今後生きて
行けるのかという将来への
心配。
自分だけでなく家族への負担
や家族の将来が心配。
仕事面、収入面、医療費、
将来の生活費の心配。

自分だけで考えていても悩んで
いても解決にはならない。
まず長く生きることが最善。
生きてるだけで丸儲けという
お笑いがあったが、
時には明日は明日の風が吹く、
なるようになるさといった楽観
主義者となることも必要。

・不信
医学関係や役所の人や
他人のことが信じられない。

特に医療関係者との信頼関係
は必須。
自分も勉強して医師に言われる
事を出来るだけ理解できるように、
そして納得できるようにする。
治療法は自分で納得して選択
するようにすべき。
また役所等の対応にも不信感を
感じる場合もあるが調べられ
る事は下調べして行くべし。
反論や他の方法があれば提案し、
違いそうなことはそこは違うと
堂々と言えるようにすべき。
勉強と同じで予習が必要で
聞きべき事は事前に整理
しておく。

・不幸
以上の色々な不が重なることに
より結果として自分は不幸だと
思ってしまう、感じてしまう。
生きていられることの幸せを
打ち消す、帳消しにするような
絶望感を感じてしまう。

病気をしたからこそ得られた
幸せもあることを感じよう。
マイナスだけでなくプラスも
きちんと評価しよう。

そして望みは
「不治」の病をなくそう。

最後に一言で言えば
"不の連鎖"を断ち切る事に
より"負の連鎖"を断ち切る。

自分で心がけている(心がけ
ようとしている)ことですが
言うは易く行うは難しです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/439-933e0922

 | ホーム |