プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


幸福の因数分解 こういう考え方もある


数学を嫌いな人は因数分解
と聞くだけで頭が痛くなるか
もしれません。
理系出身の私でも少しあります。
でも幸福の因数分解の話を
読んで、自分でやってみる意味
があるのではと感じた。

因数分解の目的はふつう、
何らかのものを
(数ならば素数、多項式ならば
既約多項式といったような)
「基本的な構成要素」に。
帰着させること。

幸福を因数分解する。
以下はあくまで一例です。
自分自身で因子を見つける
ことも良いと思います。

●「やってみよう!」因子
(自己実現と成長)
●「ありがとう!」因子
(つながりと感謝)
●「なんとかなる!」因子
(前向きと楽観)
●「あなたらしく!」因子
(独立とマイペース)

1つ目が、「自己実現と成長」
の因子。
夢や目標ややりがいをもち、
それらを実現しようと成長して
いくことが幸せをもたらす。

2つ目が「つながりと感謝」
の因子。
人を喜ばせること、愛情に
満ちた関係、親切な行為
などが幸せを呼ぶ。

3つ目、「前向きと楽観」
の因子。
自己肯定感が高く、いつも
楽しく笑顔でいられることは、
やはり幸せ。

4つ目、「独立とマイペース」
の因子。
他人と比較せずに自分らしく
やっていける人は、そうでない
人よりも幸福。

病気をして不幸と感じた時
も多くあったが、その反面
幸福を感じることも多々ある。
今まで何でもなかった事が
幸せと感じられる時こそ
幸福とは何を考えてみる
事も面白いと思う。

これら因子を高めることが
結果として幸福と感じると
いう事になるという理屈。
各自自分に当てはめて
少し考えて見る機会に
なればと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/476-4ac5b4bc

 | ホーム |