プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


がん 再発(再燃)、転移の定義


「再発」とか「転移」とか、
「再燃」とか普通に使って
いますが、正確な定義を
言えと問われても口ごもる。
患者としてはまずは言葉
を正確に理解すべきと考え
ている。
正確に知ると自分の知識
が少し違っていた部分が
あることが分かった。

・「再発」
治療がうまく行ったように
見えても、手術で取りきれ
なかった、目に見えない
小さながんが残っていて
再び現れたり、薬物療法
(抗がん剤治療)や放射線
治療でいったん縮小した
がんが再び大きくなったり、
別の場所に同じがんが
出現すること。

治療した場所の近くで再発
を指摘されるだけでなく、
別の場所で「転移」として
がんが見つかることも含め
て再発。
血液やリンパのがん、
前立腺がん等の場合には、
「再燃」という言葉が使われる。

個人としては「再発」より
「再燃」を使っています。
そもそも体から白血病細菌
が消えたどうかを今の医学
や科学では証明できない
ので消えたように見えて
いたが燻っていた物が何か
のトリガーで再度燃えた
という理解である。
だから白血病には根治、
完治はない。
あくまで治癒したとみなすです。

・「転移」
がん細胞が最初に発生した
場所から、血管やリンパ管
に入り込み、血液やリンパ液
の流れに乗って別の臓器や
器官へ移動しそこで増える
こと。
多いのはリンパ液の流れが
集まるリンパ節への転移
(リンパ行性転移)、肺や肝臓、
脳、骨など血液の流れが
豊富な場所への転移
(血行性転移)。

転移は再発の一部になる
という解釈。

腫瘍が最初に発生した場所
を“原発”と言いますが、原発
した臓器や器官で切除され
なかったがん細胞が残って
いた場合、同じ場所で再び
増殖することを再発と呼ぶ。

転移の場合は、発生する経緯
がちょっと異なっていて、原発
の場所から血流やリンパの
流れに乗ってがん細胞が移動
し、別の臓器や器官で増殖を
繰り返す。

また、原発の臓器ががんの
浸潤によって破裂したり、
がん細胞が内臓の壁を突き
破ったりした場合に、周辺の
臓器や器官へ腫瘍がばらま
かれてくっ付き、増殖して
しまった場合も転移と言う。

転移も再発も、がん細胞自体
は原発がんのものと同じ性質
を持ち合わせています。
厳密には、転移も再発の
一種なのですが、便宜上
区別している。

再発には、
局所再発と
遠隔再発(転移)の
2種類があるということ。

最初にできたがんの部位
は「原発巣」と呼ばれる。
例えば、大腸に初めにがん
ができ、肺に転移した状態
は肺がんとは呼ばれず、
「大腸がんの肺転移
(原発は大腸がんで、
肺転移を起こした状態)」。
この場合、肺にできたがんは、
大腸がんの細胞と同じ性質
を持っている。
つまり、「転移」した部分の
がんは、もともとのがんと同じ
性質を持つことになる。
そのため、例えば大腸が
「原発」のがんであれば、
肺に転移した腫瘍も、
大腸がんに効果がある
抗がん剤でないと反応
しません。
初めてがんと診断された
場合でも、病気が進んだ
状態で発見されると、診断
がついた時点でこれらの
状態のいくつかを併せ
持っていることもある。
「原発」がどこか、その
腫瘍が「転移」か「原発」か、
再発した部位はどこかなどが、
がん治療の方針を決める
重要な情報になる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/544-a62a6750

 | ホーム |