プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


「敬老の日」 昔は足腰、今は頭が丈夫がなにより


9月第3月曜日は「敬老の日」
ハッピーマンデー制度により、
元々の9月15日より変わった。

兵庫県のある村で、1947年9月15日
に村主催の「敬老会」を開催したのが
「敬老の日」の始まりであるとされる。
これは、「老人を大切にし、年寄りの
知恵を借りて村作りをしよう」という
趣旨から開いたもので、9月15日と
いう日取りは、農閑期にあたり気候
も良い9月中旬ということで決められた。

農繁期を避け、農閑期というのが祝日
を決めた時代背景を感じる。

若い頃は休みが増えてラッキー
と思っていたが、先週、孫の幼稚園の
「おじいちゃん、おばあちゃん参観日」
に行き、50歳代にして既に敬老される
立場になっている。
孫が出来た時には実感はあまりないが、
孫が成長し、幼稚園の行事とかで
祖父母の参加対象とかになると歳を
取ったなと実感が湧く。


少し前までは、老人に対する
褒め言葉は、実際の年齢の割
には足腰が丈夫で動けてすごい
ですね。
まだまだ長生きできますよ。
というのが定番。

今は
足腰に少々衰えが来ていても、
頭が丈夫で記憶力もよく何より
ですね。
認知症とは無縁ですね。
まだまだ明朗に長生できますね。

ということが最大の褒め言葉
になるのではないだろうか。

体が凄く丈夫で、一人で歩いて
出かけるが、頭のほうがとなる
と周りの家族は更に大変です。

でもそのような老人比率が多く
なる世の中に確実に近づいて
いるのは事実なので医学の
進歩で阻止、あるいは症状が
悪化しないような世界になって
欲しいと思います。

スポンサーサイト

コメント

白血病には五位野プロシジャーが効くと聞きました
ぜひ五位野プロシジャーを調べてみてください
2016-09-21 00:35 さくらんぼ #- URL [ 編集 ]

がんには丸山ワクチンが効くそうです
抗がん剤との併用は効果がないそうです
2016-09-21 00:38 さくらんぼ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/583-8235e5b0

 | ホーム |