FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
247位
アクセスランキングを見る>>


「却下」「棄却」「容認」「受容」


裁判や不服申立てにおいて
「却下(きゃっか)」と表現され
ることがある。
「棄却(ききゃく)」との違いは
なんなのか。

審理の結果、提訴に理由がない
として請求などを退けるのが棄却。
申立て自体が不適法であるとし
て、理由の有無を判断しないで、
門前払いをするのが却下。

「却下」はいわゆる「門前払い」.。
却下というのは、内容が審理
(検討)される前に退けられる。

「棄却」は、内容を検討して理由
がないとして退けられる場合。

「却下」の反対語は「受理」
「棄却」の反対語が「容認」

身近な夫婦関係においても何か
相談や依頼された時に断るとき
は即罪に「却下」する場合がある。
断るにしても「却下」でなくとり
あえず「受理」して検討して
「棄却」あるいは「容認」という
プロセスを踏めば良いとは思う
がなかなか出来なることではない
とは思う。
時々執行猶予みたいな先送りの
曖昧な回答になってしまう事も
反省しなければ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/615-afc9cfe2

 | ホーム |