プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


「苦渋」と「苦汁」 違いは何か


骨髄移植を選択するとき
助かる可能性がある一方
でリスクが多いと知ったので

「くじゅう」の選択であった。
感じでは「苦渋」と「苦汁」
とあるが違いがあるのか。

「苦渋の選択」
読み方:くじゅうのせんたく

辛い苦しい思いを抱きながら
も、やむを得ず選択すること。
物事がうまく運ばずに無念が
りながらも選択すること。

・「苦渋」ではなく「苦汁」もある。
「苦汁」・・・苦い汁。
転じて、苦しみまたは苦い経験
のこと。

苦汁の意味:苦い経験
苦渋の意味:苦しみ悩むこと

具体的には
苦汁をなめる
苦渋を味わう
苦渋の決断

従って移植を選択するときは
他の方法がないので
「苦渋の選択をした」
移植後は
GVHDにより
「苦汁をなめた」
と使い分けるのが良さそうである。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/637-5b5570df

 | ホーム |