プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1081位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
313位
アクセスランキングを見る>>


「海底2万マイル」 生涯において2つ誤解していた


SF小説「海底2万マイル」。
今では東京ディズニーシーの
アトラクションのほうが有名と
思われます。

読んだことはないのですが、
題名は有名だったので子供
の頃というかマイルを理解して
からであるので中学生の頃と
思われるが、海底の深さ2万
マイルへ行った話だと思った。
実際地球にはそんな深さはない
とと知り海底を2万マイル探索
したということかとある時に気づく。

でも最近になって原題は2万マイル
ではなく距離としては6万マイル
だったと知る。

本作の原題は
“Vingt Mille Lieues Sous Les Mers”
(海底二万リュー)。
英語での題名もその直訳
“Twenty Thousand Leagues Under the Sea”
(海底二万リーグ)である。
日本では、リューやリーグという単位
になじみがないことから、当初は
『海底六万哩(マイル)』と単位を換算
して訳された。
これと原題とが混同されて
『海底二万マイル』で有名になる。
『海底二万里』という訳題は、日本の
里とリューがほぼ同じ距離であり、
語感も似ているために採られたもの。

でも今考えると
2万マイルは3万2000Km
6万マイルは9万6000Km
地球の一周はほぼ4万Km
2万マイルでも凄いのに6万マイル
は地球2周以上、これは幾らなん
でも長すぎるだろう!!
と突っ込んでみたくなる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/673-49fb623b

 | ホーム |