プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


「大きな魚、小さな魚」 最近の日本はこれか


日本において最近少し
違うのではと思うことを
書きます。

昨年は週刊誌で政治家
や芸能人が税金の使い方
や不倫の件で色々書かれ、
その結果、マスコミで大きく
とりあげられ、騒ぎになり
本業の評価とは別の面や
事でテレビ出演の自粛や
辞任があった。

不法な部分は追及され、責任
をとることは当然であるが、
不当または不道徳である部も
同じように扱われる。
報道の仕方が個人たたき
がすごいので、少しやり
すぎだと思う。

今も国有地の低価格での
売却問題で騒いでいる。
当事者の考え方の独自性も
相まって大騒ぎ状態である。
国会でも多くの時間を割いて
いるが、プライオリティが一番
高い問題なのか。
ここまでに至ったプロセスや
決定に役所を含めて問題がある
ことはわかるが金額的には来年
の国の予算額に比べれば微々
たるものである。
国会レベルでは来年度予算や
その後の国をどうすべきかの
論議をしてもらいたいものである。
これだけ騒いでいる国会議員の
時間と労力を考えると不正な
削減額より大きな金額になって
いると言えるのである。
不法であれば早く司法に任せる
べきと言える。

今は交際情勢、特に日本の
周りの挑発や行為に対して
日本は自らどう守るか、
今後の国防をどう考えるか、
大震災の教訓をもとに、防災、
減災と共に次に同じような事
が起こった時に、いち早く復興
できるようにするには何が不足か、
今の法律で変えておくべきことは
何か、
高齢化対応と少子化問題、子供
への投資、をどうバランスを
考ええて予算配分するか
とかよちプライオリティが高い
ことは多いはず。

他方報道するマスコミも面白い
からとか、誰かを標的にして
煽るのはやめて国民にとって
必要なことは何かについても
積極的に取り上げてほしい。

今のような議員やマスコミ等
はイソップ物語の
「大きな魚、小さな魚」
と同じだと思う。

ひとりの漁師が、海から、網を
引き揚げて、大きな魚をとった。
そして、地面に並べた。
小さい魚は、網の目を抜けて、
海へ逃げた。
雑魚は、たやすく助かるけれど、
お金になりそうな魚は助からない。

同じような事をしても名もない人
にはお咎めなし、
一方名高い人や題材として面白い
人には、重箱の隅をつつく。
人間たたけば埃が出ない人は
殆どいないので、小さい事も追及
され逃れるのがむずかしくなる。
それにより追及者の顔が売れ、
雑誌が売れ、視聴率が上がる
のである。
見る、聞く、読む方の我々も
より賢くなることも必要である。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/742-f4deae12

 | ホーム |