プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


「家族性腫瘍」(家族性がん)


私の親族には私以外にはがん
患者はいないのですが、気に
はなります。
昨年読売新聞の朝刊に連載
されたのでこの言葉を知る。

病気というのは
「遺伝要因」と「環境要因」
の2つが組み合わさって
発症する。

がんも同様で遺伝的要因と
環境要因の組み合わせに
よって発症するが、中には
遺伝的要因が強く影響して
発症するがんが存在。

遺伝性が高いがん
「家族性腫瘍」の代表例は
・大腸がん
・乳がん
・卵巣がん

星総合病院(福島県郡山市)
院長の野水整さんによれば

(以下引用)
一般的ながんと家族性がんとの
違いは
「多くのがんは、遺伝子にできた
傷(変異)により、細胞が正常に
働かなくなることで発症し、
大半は遺伝しないと言われて
います。
一方、家族性がんは、特定の
遺伝子変異があることで発症し、
それが親から子に遺伝して家系
内に多発します。
代表的なものとして、大腸などに
がんができるリンチ症候群、
遺伝性乳がん・卵巣がん(HBOC)
などがあります」
「発症年齢が若いケースでは
家族性がんを疑う必要があります。
一つの臓器にとどまらず、様々な
部位のがんとして出てきます。
家系内で多発しても、いろんな
部位のがんが入り交じっている
ので、家族性との診断を受けられ
ていない事例も少なくありません」

有名なところでは、ハリウッド女優
のアンジェリーナ・ジョリーさんが、
遺伝子検査を受けた結果、遺伝子
に変異があることがわかり、予防的
に卵巣と卵管、乳房までもがんには
なっていないがすべて切除したこと
が知られている。

このように遺伝性のがんの場合は、
通常の検査の他に遺伝子検査も
受けることもあります。

「がん家系」の人やがんの遺伝性
が心配な方は、大きな病院では
「遺伝子相談外来」
を設けているところもありますので、
一度相談に行ってみると良いと
言われています。

遺伝性が高いといわれている癌(家族性腫瘍)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/767-9f16bbd4

 | ホーム |