プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


ワインの価格差


お酒シリーズ
「ワインの価格差」

ワインは価格差が大きい。
1本500円を切るものから
100万円とかのものがある。

値段が高い方は希少価値の
部分があるだろうとは想像
できる。
しかし値段においしさが一番
比例しないのがワインであろう。

日経Goodayの記事。
本記事の目的は健康効果と
ワインの値段の関係であるが
ワイン自体の価格差の方に
興味を持つ。

全部ではないが最も安い価格
帯のワインはブドウの濃縮
ジュースを発酵して作られる。
チリやアルゼンチンなどで栽培
されたブドウを現地でジュース
にして、濃縮させて日本に輸入し、
これを国内で酵母を入れ発酵
させて製造したもの。
これだけ安くできる理由は、
ワイン用の濃縮ジュースがとても
安いため」
※こういったワインは、背面の
ラベルなどに、輸入されたブドウ
果汁を使用していることが書かれ
ている。

やはり味わいの面では劣るという。
「果汁を濃縮する段階で、ブドウに
含まれる旨み成分が落ちてしまう
のが原因。
しかし、最近では、発酵に使う酵母
の選別技術も進み、以前に比べて
香りや味わいは確実に向上」

「次に安いのが、近年、輸入量が
急増しているチリ産など、南米で
生産されているワイン。
こちらは、ブドウの濃縮ジュースを
使って製造されているものではなく、
ブドウから直接醸造しているワイン
ですが、フランスなどに比べて、
ブドウそのものが安く購入できる
ため、最終成果物のワインも安く
できます。
チリなどでは、大量に生産できる
うえに人件費も安い。
安いものだと500円程度からある
近年は品質の向上が著しくフル
ボトルで1000円くらいから美味しい
ワインが手に入る。

「フランスは人件費も安くはなく、
畑の面積も限定される。
生産する本数も少ないため、
安くはなりにくい。
有名なロマネ・コンティは、年間
にたった5000~6000本程度しか
生産していない。
それだけ少ないワインを、世界
中のワイン愛好家が欲しがるため、
驚くほど高くなる」
1本数十万円以上で100万円を
超えて取り引きされることも珍しく
ない。

本題である健康効果という面で、
高いワインと安いワインに違いは
あるのだろうか。
「安くても健康効果は基本的に
同じ。
ただし、濃縮ジュースを発酵
させて造った場合は、果汁を
濃縮する段階を経ることで味わい
は落ちる。
ポリフェノールの量も少なくなる
ので、健康効果も低くなる」


全文は以下から
ワインの健康効果は価格と関係あるか

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/785-06295c2b

 | ホーム |