プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


「オプジーボ」の薬価構成 薬九層倍とは言いませんが・・・


薬価が半分になる前の
分析記事です。

高額医薬品ニボルマブ(オプジーボ)の価格はどう決められたのか
オプジーボの薬価の算定基準
厚生労働省の平成24年の資料
によると、ニボルマブのような
類似薬のない画期的な新薬の
場合は、製造原価を計算して、
そこに利益を上乗せするという
形で薬価が算定される。

新医薬品一覧表(平成26年9月)
によれば、オプジーボ(100mg)の
製品総原価 459,778 円、
営業利益 170,055 円、
流通経費 45,953 円、
消費税 54,063 円

画期的な新薬ということで、
通常の新薬で適用される
平均的な営業利益率
16.9%に60% の加算がされ、
営業利益率 27.0% が
適用されています。

記事内容を読むと
製造原価が高いが当然
研究開発費用が高いと
予測される。

引き下げにより、
100ミリグラム約73万円の
薬価は約36万5千円となる。
理由は米国や英国では
薬価が日本の半分以下
となっており、厚労省は
医療費の膨張を防ぐため
にも大幅な引き下げが
必要と判断。
 
値下げには
「市場拡大再算定」という
ルールを使う。
年間の売上高が企業の
予測を大幅に超え、1500億円
以上に達した場合には最大50%
値下げできるというものである。

小野薬品はオプジーボの17年
3月期の売上高を出荷ベース
で1260億円と見込む。
厚労省はこれに諸経費を足す
と1516億円に膨らむと試算して
おり、50%値下げのルールを
適用できる見通しが立った。

新薬を開発することは金銭や
期間面で大変であることは十分
理解はできるし、患者の新しい
希望であることは確か。
でも薬九層倍(くすりくそうばい)
とまでは言わないがあまり儲け
過ぎないでとは思うのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/855-d3f21b72

 | ホーム |