プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


皮膚GVHDのケア


同じ悩みを持っている移植患者
も多いのではないかと思います。
以下のページの慢性GVHD部分
に書いてある症状と同様な事が
私の場合も皮膚、爪、毛髪に
出ました。
移植6年を過ぎた現在でも治ら
ないものも多いです。
これ以上悪化させないために
ケアが必須と考えて行っています。

皮膚GVHD(移植片対宿主病)のケア

看護師向けの情報ですが要約は
・慢性GVHDの皮膚障害の特徴
皮膚や毛髪など身体のさまざまな
部分に症状が起こり,膠原病や
自己免疫疾患とよく似た症状を
呈します。

・慢性GVHDの皮膚障害ケア
退院後はタイムリーなケア介入は
困難であるため患者の自己管理
が重要。
退院指導では患者個々の生活環境
や生活パターンに合わせセルフケア
が継続できるよう教育的介入を行う。

とあります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/856-d1a23936

 | ホーム |