プロフィール

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
451位
アクセスランキングを見る>>


がん、悪性腫瘍、悪性新生物、上皮新生物 違いは何?


一般的な世の中は”がん”
と呼ばれ書かれるが、
診断書では”悪性腫瘍”と
書いてある場合が多いと思う。
これは意味は同じであるが前にも
書いた記憶があるが
”がん”であれば”悪性腫瘍”
”癌”と漢字で書くと悪性腫瘍
のなかでも特に上皮由来
の「癌腫(上皮腫)」を指すこと
になる。

例えば癌腫ではない白血病は
がんであり、癌とは書かない。

一方、医療保険などでは
上皮内新生物と悪性新生物
の区別があったりする。
がんはがんでも「悪性」と「上皮内」
に分かれる。
悪性は進化をして転移の可能性
がある。
対して上皮内は治療を行えば
ほぼ完治し、転移もしないもの。
具体的には
上皮内新生物とは、がんが上皮
(粘膜層)内にとどまっており、
基底膜以降の組織に浸潤して
いない状態のがん。
主に大腸の粘膜や子宮頚部に
できる。
初期状態のがんですが、
「肺がん・食道がん・すい臓がん・
肝臓がん・膀胱がん」もまずは
内臓の上皮組織内に発生する
可能がある。
上皮内新生物は放置すると進行
してがんになる可能性が高いが、
きちんと治療を行えば、
3年生存率は「ほぼ100%」。
ステージ診断では「0期」。

悪性新生物は基底膜をさらに
進んで他の組織に浸潤している
がんのこと。
リンパ液や血液にのってがん
細胞が運ばれ、多臓器へ転移して
いる可能性も考えられる。

がん保険選びにおいて上皮内
新生物については以下のポイント
を押さるべきと書かれている。
がんになる前にはなかなか知識と
してもないし、意識や注意しない
人も多いのではと思います。
がんになってから勉強しても遅い
場合があります。

・上皮内新生物は「がん」であるが、
悪性新生物とはわけられている。
・上皮内新生物は適切な治療を
行えば、3年生存率はほぼ100%。
・子宮頚がんや膀胱がんは上皮内
新生物の割合が高い。
・保険会社によっては「上皮内新生物」
が保障の範囲に入っていないものも
あるので、加入する際確認要。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/899-d5ae6966

 | ホーム |