プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


がんの標準治療+α



Yomi.Dr記事
患者は科学的根拠に基づいた標準治療+αを求める!

記事内にある記載

標準治療に加えて“がんに効く”と
される寺社やラジウム温泉などに
行ったり、様々なサプリメントや
健康効果をうたう水などの代替
医療的なものを手に入れて服用
したりする患者も少なくない。

がん患者として何かにすがりたい
気持ちは十分理解できます。

代替医療的なものに関して、自分
自身のスタンスとしては、治療の
妨げにならず、また特別高価な
ものでなければ、基本的に口を
挟むことはありませんでした。
当然、それらの効果を期待した
ということではなく、認めることに
より本人や家族、親戚の思いが
達せられることは決して無駄では
ないと思っていたからです。


何かにすがることで救われる
ことも事実。
しかし標準治療を受けながら、
標準治療を邪魔しない範囲で
というところが重要かと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/929-0834bb06

 | ホーム |