プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
332位
アクセスランキングを見る>>


医療機関のBCP 重要であることを認識してほしい


Yomi.DR記事より

災害後の医療事業継続、基幹病院「計画なし」が7割

入院患者のみならず病人や
治療継続中の患者にとって
普段でもハンディがあるが
大きな震災時等には更に
厳しいものがある。

基幹病院にはBCP計画は
必須で策定は当然している
と思っていたが全てがそう
でもないらしい。

大震災を経て一般企業に
おいてもBCPの重要性が
認識され準備されている
時代である。
病院がレジリエンスでなけ
れば一番困るのは患者。
震災による新たな患者も
当然だがが入院患者や
定期的な通院が必要な
患者もいる。
一人では生きられない人も、
薬がないと生き延びれない
人もいるからである。

しかしBCPは単なる計画で
あるのでその計画に対応
した準備が必要。
職員に周知、教育、訓練
実施等で問題がないかを
常にチェックし改善するよう
にしているかがさらに重要
である。

基幹病院は必要性を認識し、
必要な人材も予算も確保
してほしい。
でも大先生達に教育、指導
するのは相当大変そうだ
なと思ってしまう。

BCP 事業継続計画
(Business Continuity Planning)
企業が自然災害、大火災、
テロ攻撃などの緊急事態
に遭遇した場合において、
事業資産の損害を最小限
にとどめつつ、中核となる
事業の継続あるいは早期
復旧を可能とするために、
平常時に行うべき活動や
緊急時における事業継続
のための方法、手段など
を取り決めておく計画
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/941-904fdbc6

 | ホーム |