プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


ハンカチ ペーパータオル ハンドドライヤー あなたはどれを使う


ペーパータオル、
ハンドドライヤー、
両方なければハンカチ
を使うのが私個人の
選ぶ順序です。

でもハンドドライヤーは
衛生面で良くないという
記事も見る。

入院した時、病棟のトイレは
ペーパータオル、
外来診察棟のトイレは
ハンドドライヤー、
が多いようにも感じる。

使い捨てであり、乾燥面でも
ペーパータオルが一番清潔
と言えそうだが、コスト面や
補充やゴミ処理の余分な手間
がかかるデメリットがある。

ハンドドライヤーについては
乾燥に時間かかる、前の人
の細菌をまき散らす可能性、
最近が付いた水がまき散ら
されるとか指摘されおり使わ
ないという人も多いと聞く。

一方ハンカチが決して衛生的
とは言えないというのが持論。
特に一度使うとなおさら。

いろいろ調べると
病院は菌に対する衛生レベル
を他の環境よりも上げる必要
がある。
免疫力の落ちている方が多く
集まっているので、ハンド
ドライヤーによる菌の飛散
でも感染する恐れがある。

微生物学の観点でいうと、
もっとも衛生的なのは使い捨て
のペーパータオルで手を拭く。
未使用のペーパータオルには
ほとんど菌が付着していない
ため、拭いた手に菌が移ること
はない。
手を30秒ほどしっかり洗い、
ペーパータオルできちんと拭いて
からアルコール除菌すれば手洗い
としては完璧と言える。
また、手に付着する菌の数を比べ
ると、日常的に使用しているハンカチ
(布タオル)とハンドドライヤーとでは
大きな差がない。
ハンカチ(布タオル)も、洗濯して
日光で干したばかりのものなら
ペーパータオル同様に清潔なの
ですが、一度でも手を拭いたあと
に濡れたまま放置すれば菌が
増える時間を与えてしまう。

結局、ハンカチ(布タオル)の状態
によってはハンドドライヤーで手を
乾かしたほうが清潔なこともあるし、
施設側がハンドドライヤーの管理
を怠っていたら逆のことがいえる。

『ハンドドライヤは清潔か?』
については状況、環境によるし、
何と比較するかでも異なる。

ハンカチは基本一度だけ使う、
病院や定期的にトイレに清掃
が入る施設においてはハンド
ドライヤーで良いと感じている。

でも最も重要なことは正しく
手洗いをすること。
まずはここをしっかりしないと
その後の論議は無意味である。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/948-65933f8a

 | ホーム |