プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


緑内障 iPS細胞でも再生は期待薄か


他人の細胞から作った
人工多能性幹細胞(iPS細胞)
で網膜の細胞を作製し、
「滲出(しんしゅつ)型
加齢黄斑(おうはん)変性」と
いう目の病気の患者に移植
する手術を理化学研究所など
のチームが28日、世界で
初めて実施した。
手術は無事終了し、
iPS細胞による再生医療の
普及に向け大きく前進した。

とあるが以下の記事も気になる

日経Goodayの
緑内障関連記事
緑内障、眼圧上昇で視野狭まる 目薬で進行抑制

私は「正常眼圧緑内障」で
定期的に眼科に行って、
点眼薬を処方されている。

この記事によると緑内障
になるとiPSによる再生医療
も現時点ではまだ期待薄で
悪化させないことを常に
考えなければいけないという
ことのようである。

ある年齢になったら眼科で
調べてもらい、疑いがあれば
早めの治療が必要と思います。

自分も自覚症状はなく、
白内障の手術後の検診で
緑内障と言われました。

以下記事の引用
白内障は手術で水晶体を
人工レンズに入れ替えれば
視力を取り戻せるが、緑内障
で壊れた視神経を治す方法
はまだない。
iPS細胞を使った再生医療の
対象も網膜などの細胞の
損傷で、視神経の再生は困難
と考えられている。
東京大学の相原一教授は
「細胞を再生させる医療が
進んでも、緑内障で壊れた
組織を再生させるのは不可能」
と指摘する。
眼圧を下げ、進行を食い止める
のが治療の基本。

まだ今ではiPSでも限界がある
と知る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/950-7e1d4459

 | ホーム |