プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


点滴中だとおなかが空かない訳


入院中、特に移植後は多くの
点滴を経験した。
24時間点滴とかもあったし、
当然栄養補給や水分補給の
点滴を多く使った。

入院して治療しているから
お腹が減らず、食欲がなく、
食べられない、でも点滴で
栄養は入っているから大丈夫
と考えていたが、点滴と空腹と
関係があったようである。

点滴でお腹が減らないのは、空腹は脳が血糖値で判断するから

空腹はお腹で感じるではなく、
血糖値で感じるもの。

点滴され空腹を感じないので
口からの食事量が増えない
いう悪循環だったようである。
入院中は毎食後看護師さん
に食事量を聞かれていたが
半分食べられれば良く食べた
と日も多くあった。

入院が増えると点滴がなくなら
ないと退院の話は出ないと
わかったので無理して食べて、
こんなに食べましたとアピール
していた。
食べられる持ち込み食品が
多かったのは事実ではある。

今後入院し少し病状が回復
したら点滴を減らしてもらって
空腹感を感じて口からもっと
食べたいと言って見るのも新しい
手だと思うがもう入院はしたくは
ないのが強い強い希望である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/966-8526cb1b

 | ホーム |