プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
366位
アクセスランキングを見る>>


眼科診察に行く(2017年5月) 今度はドライアイ


正常眼圧緑内障となり
定期的な検査、診察に
眼科に行っている。
点眼薬が無くなりかける
タイミングで行くのであるが
約2ケ月程度の間隔である。

今回も眼圧は左右11/12と
前回と変化なく正常値を
キープしている。

但し今回は視力検査で左目
のみ視力が落ちていると指摘
される(右は変化なし)。
自分では自覚症状はなかった。

診察において少し傷があり
ドライアイ状態と言われる。
ドライアイでも視力が低下
する場合があるとのこと。
いつものように眼圧を下げる
点眼薬に加えてドライアイ治療
の点眼薬が出される。
1日4回点眼して様子を見る
事になる。

帰り道で片目づつで看板を
見ると確かに左目の見え方
が悪い。
普段は両眼で見ているので
頭の中で調整してくれていた
のかと思う。

たまには片目で字や物を見る
ということも変化を感じるために
は必要と感じる。

しかし、白内障、緑内障で
十分なのにドライアイにまで
なるとは・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/988-4c932b59

 | ホーム |