プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1034位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
295位
アクセスランキングを見る>>


胃瘻、人工呼吸器 リビングウィルに書くべきこと


記事を読んでやはりそうだ
よねという感想を持つ。

現代ビジネス記事
現役医師200人に聞いた
「本当は寿命を縮める」延命治療
現役医師200人に聞いた「本当は寿命を縮める」延命治療

個人的には延命治療を拒否
する旨のリビングウィルを
書いて自筆署名してある。
その中には
胃瘻は拒否、
人工呼吸器についても拒否、
但しすでに装着されている場合
は自発呼吸が48時間たっても
戻らない場合は外してください。
と具体的に記している。

医者も同じように考えている人
が多いが、死なせないことが仕事
であるので残る家族の希望等で
無駄と知りながら延命の医療行為
を行っていると言える。

しかしリビングウィルが法制化
されていない現在では書いて
おいても最後は医師の判断に
なるので早く法制化されることを
望む。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tajyuugantoubyouki.blog.fc2.com/tb.php/997-8aa8450e

 | ホーム |