プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1034位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
295位
アクセスランキングを見る>>


CRP2.6 明日退院予定

入院8日目。
朝の採血でCRPは2.6迄下がる。
普段家に居るのと変わらない
体調であるので明日午後退院
で動き出す。
今回は思いの外早めに脱出
出来そうである。

CRP 8.0 定常状態に向かっている

入院5日。
順調にCRPは下がる。
他の数値も入院前に近づいて
きている。
週明けの採血でその後の予定が
立つと思われる。

避暑地だと思い込むことにした

三食昼寝つき。長袖長ズボンに靴下
履いても少し寒い時もあるくらい。
暑くもなければ雨も降らない、
脱水をしないよう検査もしてくれるだ。

病院て良いところだ。
と精一杯の皮肉を言えるくらいには
口は回復した。

CRP 19.8 発熱はおさまる 肺炎です

入院時から40時間後の血液検査。
CRPは少し下がったがまだまだ
恐ろしく高い数字。
幸い平熱になったので身体は楽に
はなる。
CTとレントゲンで肺炎との診断される。
入院後の室内に止まれから、入院3日目
から同一フロアーの軽い散歩の許可が
出る。

CRP 26.3 緊急入院

39度の高熱が数日続き外来。
炎症反応が異常に高く緊急入院。
まだ不調のため今日はここまで

食欲がない時の食べる意欲の大切さ


病気の治療後に食欲が
無くなった時に、食べる
意欲があるかないかが
分かれ目である。

私の場合は食欲はなくなり、
食べる意欲もなくなった時が
あった。

口から食べることが一番の
リハビリである事は頭では
理解していたが、何が食べ
たい、何が食べれると考える
事も嫌になり、点滴で栄養を
補給される時期が続いた。

食欲がなくても食べる意欲を
失わない、食べられる量が少
なくても意欲だけは持ち、一口
だけでも多く食べる。
これが病人の最大のリハビリで
ある。

ちなみに食欲の定義は
空腹として感じられる食物を
食べる願望。

病気後の最大の問題は空腹を
感じなくなった時にいかに食べる
かなのである。

自分としては移植5年過ぎてから
忘れていた空腹感が少しずつ
戻ってきた。
今は食欲がありすぎて困ること
があるが長期間の小食で胃が
小さくなったのか量は食べらない
時が多い。

「野菜」か「果実」か「フルーツ」か


暑い今は野菜や果実がおいしく、
多く出回ります。
農林水産省が書いているので
日本においては
スイカやメロンやイチゴは野菜。
リンゴや梨は果実。
実は定義は国によって違うと聞く。

日本では
草本性であるものからとれるのが
「野菜」
木本性などの永年作物を
「果樹(果実)」

というのが一応基本のようである。
野菜系はNGでも果実系はOK
とかの人もいるのだろう。

出されている文章は以下です。
野菜と果物の違いを教えてください。

一方フルーツの定義は、
以下の三条件を満たすもの
は全てフルーツとなる。

1.植物の一部であること。
2.花が咲いたあとに実った
果実であること。
3.実の中に種が存在すること。

この定義によると、トマトもきゅうり
もフルーツ。
一般的には、食用になる果実
及び果実的野菜のうち、強い
甘味を有し、調理せずそのまま
食することが一般的であるもの
を「果物」「フルーツ」と呼ぶこと
が多い。
最近甘いトマトは実際にある。

ではイチジクは何だろう
「無花果」と書くので花がない
ものだと思っていた。
イチジクを「無花果」と書くは、
イチジクは花が咲かないまま
実をつけているかのように
見えたから。

私たちが食べているイチジク
は、果肉ではなく花嚢という
花を覆っている袋。
花も一緒に食べているという
のが正解のようである。
野菜でも果実でもないという
のが正解のようだがフルーツ
ではある。

しかし私はあまり好まないので
何十年も無花果は食べていない。

本当に乳がんの見落としなのだろうか


以下の記事が話題
になっている。

「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者

病院名まで出しての記事なので
当然裏付けを取っているとは思う
が全てが事実かどうかは第三者
にはわからない。
患者側の記憶が主で、病院や
を悪者にしようとしている可能性
もある。

記事内容を全て事実だとしても
個人的には
最初の検査でがんを見落として
いたかはわからない。
(記事でも可能性があるという
書き方である)
マンモグラフィ検査などを受け、
がんを疑う状況ではないと
告げられるたとあるが半年後
くらいに、念のためまた診て
みましょう。と言われている。
何故この時に半年後の検査
や診察の予約をしなかったか
である。
結局検査せずに8ケ月後に
自覚症状が出て検査し、
がんと宣告されたとある。

実は他の記事では、病院側
の意見も記されている。
最初の診察を受けたところ、
腫瘍の存在が確認された
うえで、
「若い女性に多い良性の乳腺
線維腺腫に見受けられたよう
です。全く問題がなさそうなら
半年後と言うのですが、白黒
はっきりしないので
“3カ月後に来てください”
と伝えたのです。
彼女のブログには
〈「授乳中のしこりですし、心配
いらないですよ。半年後くらいに、
念のため、また診てみましょう」
と言われました〉
と綴られていますが……」
との病院関係者の発言がある。
ところが、麻央さんは多忙だった
ためか、受診が遅れ、再検査を
受けたのはその8カ月後だった。

というものもある。

3ケ月後に受けていれば、
あるいは半年後にでも受けて
いればその後に違いが出た
可能性はあったと思われる。

私も1月に胃カメラで食道部に
炎症が見つかり、幸い生検
結果は悪性ではなかったが
念のため半年後に再検査しま
しょうとなり、その場で半年後
の検査予約をした。
それも幸い悪性ではなかったが、
更に半年後に検査予約をした。
1年間に3回の胃カメラとなるが
そうした方が良いと医師も私も
判断したのである。

医師を信じ多ということであれば
素直に従って次に検査していれば
仮に最初に見逃しがあったとして
もリカバリーが出来た可能性は
あったのではないかと思えて仕方
がない。

やはりこの記事のタイトルと内容
には疑問を持つ。
医師の言葉を信じていれば
早めに再検査を受けていた
はずなのである。


「重言」  今は「連日暑い日が続く」と感じる


自分も使っている場合がある。
ダメ押しという意味で使って
いるのであれば個人的には
違和感はあまり感じない。

「連日暑い」で意味が通じるのに
「連日暑い日が続く」と言うと
ダメ押しのダメ押しとなっている。
でもそれくらい暑い日が連続して
いると言いたいのである。

・「まだ未定」
「未」に「いまだ」という意味がある
から、「未定」というだけで、
「まだ決まっていない」になる。
「いまだ時期尚早」
「まだまだ未熟」
「まだ未提出」
も同じタイプの重言。

・「連日暑い日が続く」
「毎日暑い」、「連日暑い」なら
問題ないが、
「毎日暑い日だ」
「連日暑い日だ」
というと「日」の重言になる。
さらに、「毎日暑い日が続く」
「連日暑い日が続く」となると、
「日」の重言だけでなく、
「毎」と「続く」、
「連」と「続く」の重言も生まれて、
重言のダブルミスになってしまう。

・他にも重言としては
「日本に来日する」
「余分な贅肉」
「挙式を挙げた」

外来語と組みあわせもある。
こうしないと意味が分からない
のでこの方が普通に感じる。
「思いがけないハプニング」
「チゲ鍋」
「製造メーカー」
「ヒットを打つ」

定着している重言
何の疑いもなく使っていますね。
「被害を受ける」
「旅行に行く」
「過半数を超える」

重言(じゅうげん、じゅうごん)とは、
「馬から落馬する」のように、
日本語での同じ意味の語を
重ねる修辞技法。
二重表現、重複表現ともいう。
「巨大」「重複」「表現」など類義
の漢字を重ねた熟語は、重言と
しないことがある(畳語)。
一般的には好ましくない語法と
されるが、意識的に用いられる
場合もある。

また、言葉の意味の変化とともに
二重表現とされなくなってきた例
もある。

将棋 持ち時間5時間は5時間使ったら負ける


プロ将棋の棋戦、例えば
竜王戦の挑戦者決定トーナメント
は各5時間の持ち時間。

消費時間をどう計算するかを
知らない人は多いと思う。
消費時間は1分未満は切り捨て。
従って59秒で指せば消費時間
は0分である。
良く初手で考えている場面がある
が1秒で指しても59秒で指しても
消費時間は0分である。
従って全て59秒以内で終局まで
指すと消費時間0分で指せる。

一方持ち時間5時間の場合は
4時間59分を使ったら60秒未満
で指す必要があり、5時間使った
ら時間切れで負けになる。
従って最後は秒読みをしている
のである。

こういうシステムであるので
終盤時間が無くなってくると
どのタイミングで指すかを
考える必要がある。
2分0秒で指せば消費時間2分、
1分59秒で指せば消費時間1分
で済むのである。
相手が持ち時間が少ない場合
はあえて考える時間を与えない
ようにすぐに指すという作戦も
成り立つ。

しかしこの消費時間の方法では
テレビ対局であるとか公開対局で
あると終局時間が読めないので
チェスクロックで一手一手の
消費時間が積算され、持ち時間
を使い終わったら一手30秒未満
とかで指すとかのルールで行わ
れるのである。

歯科 クリーニングへ行く(2017年7月)


近所の歯科へ定期的な
クリーニングへ行く。
前回からほぼ4ケ月経過
している。
病歴からも虫歯になり
易い口内環境なので
普通の人より頻繁に
通院した方が良いと
言われているし、既に
口腔がんの手術で歯を
失っているので残って
いる歯は守らなくては
と思っている。

今回は市から平成29年度
歯周病疾患検査受診票が
届いていたのでクリーニング
予約時にこれも一緒に受ける
べきかを尋ねる。

案内によると検診内容は
問診および歯周病組織検査
(現在歯・喪失歯の状況、
歯周組織の状況、
口腔清掃状況)
を実施すると記されている。

費用は900円であるが詳しい
検査や治療をした場合は保険
診療となり別途費用が掛かると
書いてある。

歯科に確認すると、これは
別途これだけ予約して記載項目
を行うもので、最初からクリーニング
目的で行けば上記検査も入るので
歯周病検診を別途受ける必要は
ないでしょうというと言われる。

ということでいつもと同じように
クリーニング実施の通院。
前回より歯磨きは良くできている
そうであるがまだ十分届いて
いない部分があると指摘される。
合わせて2本ほど虫歯になり
かけているので治療と予防を
してもらう。

最後に今後はフッ素入りの歯磨き
と歯磨き後のジェルコートの使用
を薦められる。
試供品ももらって帰る。
家には奥さんが昔買った同じ
ものがあったので当面それを
素直に使うようにする。

年内にまた行くようにしない
といけない。

白血病 外来受診(2017年7月)  


実は午前に消化器内科、
午後に血液内科の
ダブルヘッダー受診で
あった。

朝受付してまずは採血の
順番を取り、消化器内科の
診察、その後採血をして
ランチをして、午後血液内科
の受診、最後に外部薬局
と回る。

消化器内科で1時間以上
待ったので採血は既に順番
が過ぎており戻ると直ぐに
対応してもらえた。

血液内科ではまず主治医と
胃カメラの結果で会話。
放射線治療における食道炎
はあることはあるという話で
あった。

今回の血球値は以下。
()内は数値は前回(5月)の値
白血球数:10.0(8.3)、ヘモグロビン:10.3(9.8)、
血小板数:195(167)、CRP:0.1(0.0)、
クレアチニン:1.46(1.43)、
AST(GOT):53(50)、ALT(GPT):59(46),
HbA1c:6.1(6.0)

先回の外来から大きな体調の変化
はなく安定状態。
しかしこのところクレアチニンの
高値が続く。
また腫瘍マーカーのCA19-9が58
となり(前回21)高くなる。
これは過去色々と変動が多い数値
なので少し期間様子見する。

次回予約は8週間後となりこちらは
とりあえず少し落ち着ていると言え
そうである。

消化器内科(2017年7月) がんに見えるのだけれども…


今年早々に胃カメラにより
食道部に炎症があることが
認められ経過観察として
半年後に再度胃カメラ検査
を行った。
当然の生検付きである。

検査して2週経ったので
結果聞きに行った。

医師からは胃カメラの映像から
は食道部のがんに見えたので
5か所を生検しました。
しかし検査結果は悪性とは
出なかったと言われる。
結局は半年前と同じ状態。
「放射線性食道炎」
という診断が出される。

全身放射線治療の副作用と
言えそうである。
今後については先生も少し
考えてから、半年前と同じなので
1年後でも良いかもしれないが
急に転化する人もいるので
年内にもう一度胃カメラの生検
をさせて欲しいという申し出。
年3回は嫌ですと言おうとしたが
根が素直な性格なためハイと
答えて11月に検査予約をする。
医師としてはもう少し長い期間
の経過データが欲しいということ
のようである。

こういうのを「がんもどき」と言うの
でしょうかと聞くとがんではない
ので「がんもどき」ではなく、炎症
ですときっぱり言われる。

最後に薬も出ないので何か気を
つけることはありますかと聞くと
飲酒が食道がんに結び付く可能性
があるのでお酒ですかねという
答えであったが、今は体調が良く
なってきているので禁酒できる約束
は到底できないので聞こえないふり
をして引き上げた。
都合の悪いことは聞こえないという
術を身につけたといえる。

妊孕性はQOLの重要な項目


がん治療における妊孕性。
内容によっては患者の妊よう性
(妊娠する力)を消失させ、女性
の場合若年患者さんであっても
閉経の状態をきたしてしまう
可能性がある。

男である私のがん宣告は52歳。
既に成人した子供が複数いた
ので主治医からこの件について
は何も説明も問いかけもなかった
が若ければ相当悩む問題である
と理解している。

・妊よう性(妊孕性)
生物が子孫を残すための
繁殖力、つまり妊娠する力。
妊娠するためには、
女性側の因子は
子宮・卵巣(および卵子)が重要
な役割を果たし、
男性側は
精巣(および精子)が重要な役割
を担っている。

子宮・卵巣・精巣などの臓器その
ものは、現在医学でも人工的に
代用することはできず、
一度失ってしまうと取り戻すこと
は非常に困難。
妊よう性も一度失ってしまうと回復
することは極めて難しい、かけがえ
のないものと考えられる。

・妊よう性温存とは
がん診療の飛躍的進歩によって
がんを克服した患者さんの治療後
の生活の質(QOL=quality of life)
にも目が向けられるようになった。
若い患者さんに対するがん治療は、
その内容によっては卵巣や精巣
などの性腺機能不全をきたしたり、
子宮・卵巣・精巣など生殖臓器の
喪失により将来子供を持つ事が
困難になる事(妊よう性の廃絶)
がある。
医療者と患者にとって、病気を
克服することが最大のゴールで
あるため、これまではがん治療
によるこれらの問題点には目を
つぶらざるを得ませんでした。
しかし最近では、医療技術の
進歩やデータの蓄積によって
一定の制限付きながら、がん
治療後の妊よう性を温存する
ための治療法も数多く試みられ
るようになってきている。
子宮がんや卵巣がんに対する
子宮や卵巣を温存する手術、
放射線治療から卵巣を保護する
手術、さらには生殖補助技術の
進歩による精子や卵子、受精卵
の凍結保存などは広く普及。
最近では卵巣を組織ごと凍結
保存して、がん治療の終了後に
再度体内に移植する技術も
確立されつつある

「血液のがん」においては
急性白血病の場合、標準的な
抗がん剤治療で女性が生殖機能
を失う確率は3割未満とされている。
一方で、がんの進行が速いため、
治療を最優先にすべきだとして
いますが、初回の治療の時から
卵子の凍結保存をどのタイミング
で行うのかなどについて、生殖
医療の専門医と相談することを
推奨しています。
一方、男性が生殖機能を失う可能性
は低いとしていますが、治療前に精子
を採取して凍結保存することを勧めて
います。

T.B.Iを受ける、受けないで状況は違う
と思うのですが自分の状況では悩む
必要もなかったが、小児がんや
AYA世代、30-40歳代であれば大きな
問題であり、悩む問題だと思う。

戸塚洋二さんの本を読んで(3) 「治療の数値化」


「がんと闘った科学者の記録」
(文春文庫)を読んで(3)

理数系の人間として同じよう
に考えている部分がある。

がん患者のデータベース化
が必要。
がん患者の詳細なデータを
集め、解析し、現象の全体像
とバリエーションを捉える。
その上に現象の背後の本質
を抽出する。

まずは症状の数値化。
例えばCT写真のチェックも
目視で行う。
腫瘍の大きさをデジタルで数値化
して前回との比較するとかを行わ
ない場合も多い。
(最近はサイズの目視での数値
が記載されている所見も見ること
もある)

私の場合は、白血病の方は毎回
の外来時の血液検査で結果は
数値として出るので大きな変化が
あるかないかは数値でわかる。
白血病はそういう面ではある程度
数値で見ることができる理系の
病気だとは思っている。

一方口腔がんの手術後は頸部
エコーやMRIを年数回行う、検査
の一部は大きさ等の記載がある
ものもあるが、目視や診察の視診
である。

データベース化にはまずは数値化
する必要がある。
加えて重要なのは診察や定期健診
において定型化された質問とフリー
ワードで体調の変化や異常を記録
する事。
自動文字起こしとかを使って会話
を文書を記録をするようにすべき
と思う。
医師のカルテへの記載の手間も
バラツキも防げる。
ビックデータ化として数値だけでなく
体調の変化等からでも何かを感知
できるための仕掛け、それを利用
して最適の治療や予防的な処置が
可能となる世界になることを望む。

上手、下手、高飛車


将棋ネタです。

「上手」、「下手」の読み方
は色々ある。

「じょうず」、「へた」。
「かみて」、「しもて」

とかであるが、将棋では
「うわて」と「したて」である。
そういえば相撲も同じ。

将棋においては
上手とは比較して強い方、
下手とは弱い方を指す。
駒落ちで駒を落としている
側の対局者を上手、
駒を落としていない側を
下手という。
じょうず、へた、
そのものであるがそう言わ
ないところが奥ゆかしい。

一方高飛車は将棋用語で、
飛車を自陣の前方に高く
進める戦法。
高飛車は敵陣を威圧する
攻撃的な陣形のため、将棋
以外でも「高圧的」の意味。

「高飛車にでる」
の反対語は
「下手にでる」
だと思うのでここでも下手
(したて)の登場である。

金を払う客が礼を言う。病院って変なところであったが最近は改善傾向


昔良く思っていたことである。
最近は昔よりは対応が随分
良い医師や病院が多くなった
のもまぎれもない事実である。
最近は患者の自分の方が医師
よりも年上になった部分も対応
に違いがあるのかとも思うが、
概ね若い先生は非常に丁寧
です。

私の主治医も待ち時間が長い
と診察室に入ると、こちらが話す
前に苗字をさん付けで呼ばれ
お待たせしてすいませんと謝ら
れる事も多々ある。
昔では考えられない事だと思う。

しかし少し昔の病院というか
医師と患者の関係。
普通の客商売ではありえない。
長く待たされ、色々指示や注意
され、最後は客がお礼を言い、
お金を払う。
色々教えてもらうが医師が必ず
しも同じ病気になった経験者でも
ない事も多いし痛みや苦しさは
言葉では十分い表現できない。

同じ病気の患者は数多く見て
いるとおもうが特に精神的な
苦しみは体験はしていないので
気持ち面は十分には理解は
できないと思っている。
昔は体は治すが心は別、治れば
QOLは関係ないという考えが
主流だったのは確かであろう。

今は当然医師に腕があるという
のが必須条件であるが病後の
患者のQOLを少しでも考えても
らえる医師が増えることは嬉しい。
評判の良い病院や先生の人気が
高いと混んで患者は困るとも思って
しまうがそれにより全体の病院や
医師の質の向上がなされれば国民
全員にとって良いことだと思う。

最近医師の定年制とかが論議され
出しているが、年齢で区切るよりも
QOLに関する考え方や患者の評価
によるものも加えて考えて欲しい。

ヒマを楽しむ 怠けると違うか


少し前に書いた
「絵に描いた餅ベーション」
の続き。

会社を辞めてやりたかった
事を複数並行してやった事
で会社員時時代より体調が
悪化したと書き、
その後いろいろ止めて
体調が回復したと書いた。

今はこの記事のように
考える様にしている。

citrus記事
ヒマは「何もすることがない」んじゃなくて「何でもできる贅沢な時間」と考える

共感できた部分は
毎日やることに追われること
で「退屈」から逃げまわるよう
な日々を送って来た。
しかし「退屈」の中で、自分
自身を見つめ直したり、教養
を身につけたり、新しいアイデア
を思いついたりできる。
「やることがない」からこそ
そこに無限の可能性が広がる。
「ヒマ」を、
「何もすることのない嫌な時間」
でなく
「なんでもできる贅沢な時間」
と考えれば良い。

目標があって、その達成の
ためにやるべきことがあるの
にやらない場合は怠けている。
一方目標もなく、それを達成
するためにやるべきことも
ないのなら、怠けていること
にはならない。
忙しいから怠けていない、
忙しくないから怠けている
というのではない。

体を少しでも良く、楽にした
のでそれに向けて、なにも
やらないことが体にとって
良い場合があるということ
だと思うのである。

従って時間が十分ありながら、
何も生産的な事をやっていない
事が決して怠けているのでは
ないと思っている。
が、残念ながら周りから見る
とヒマで怠けていると見られて
しまんだなこれが。

将棋にも飛び段はある(飛びつき昇段)


止まらない将棋ネタです。
プロ棋士の段位や昇段規定に
ついては既に書いた。

三段リーグを勝ち抜いて四段
となりプロ棋士と呼ばれるように
なるが、その後は階段を上る
ように一つずつ昇段して行く
必要があるのか。

基本はそうであるが飛び段で
段位が上がる道はある。
飛びつき昇段と言われるもの。

例えば四段の人が竜王戦で
勝ち続けて挑戦者になれば
七段になり、
竜王を獲得すれば
八段になる。

でも竜王を獲得すると竜王と
呼ばれるので八段とはなるが
普通八段とは呼ばれない。

藤井四段が竜王戦でずっと
勝っていれば飛び段して秋には
藤井七段とかになっている可能性
もあったことになる。

実は昇段規定に合致しなくても
抜群の成績を挙げた場合は、
理事会にて審議の上、昇段を
決定することがある。

とあるので新人でありながら連勝
記録を更新した藤井四段が早々に
五段になる可能性はあると言える。



歯肉がん 最新状況(2017年7月)


口腔外科の定期診察。
今回は頸部エコー検査を
行ってからの診察。

検査結果は両首のリンパ
肥大は認めるが前回検査
から大きな変化はない。
触診、視診においても指摘
すべき問題はないとのこと。
少し唇が荒れ気味なのが
気になるということであるが
酷くなったら来てくださいと
いうことで終了となる。

次回は9月にMRI検査の予約
を入れる。
9月には術後3年を迎えます。
まずは再発、転移がないのが
幸いです。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»